Kick in 2000 V5.25をリリースします(Windows10 Anniversary Update対応)

Windows 10 Anniversary Update での画面端クリックの不具合に対応をしました。また、マルチディスプレイ環境での画面端クリックの不具合にも対応をしました。

 

Kick in 2000 V5.24をリリースします(Windows8対応他&バグFIX)

1.Windows8に正式対応

2.Windows7以降でショートカットをドラッグ&ドロップした際にアプリのファイル名が登録されずショートカットのファイル名が登録される場合がある不具合を修正
※併せてWindowsXPでもMicrodoft Officeのショートカットがショートカットのファイル名ではなく各アプリのファイル名で登録されるようになりました

3.WebのURLを登録した場合に縮小画面(サムネイル)が登録されない不具合を修正
※URLを元に独自にアクセスして画面を取得するため取得に若干時間がかかります

4.バックアップ/リストアにおいてWindows7以降は管理者権限での実行が必要であったものをユーザー権限でも行えるように修正(旧バックアップデータのリストアは管理者権限での実行が必要です)
※バックアップ/リストアをKick inのメニューから実行できるようにもしました

5.その他バグFIX

※5.241としてバグFIX版をUPしました(6/21 13:40にUPしなおしました。それ以前にダウンロードされた方は再度ダウンロードをお願いします)

※5.242としてデスクトップクリック時に「他のウィンドウに隠れてしまう」という不具合を修正したものをUPしました

 

Windows 7/Vistaをお使いの皆様へ

以下の条件を満たすと、Kick in 2000にドラッグ&ドロップできなくなることが分りました。

[条件]
1.UAC(ユーザー・アクセス・コントロール)がオン
2.Kick in 2000のインストールの最後で「Kick in 2000を実行」をチェックっしてインストールを終了

[回避方法]
Kick in 2000を一度終了して、再度Kick in 2000を起動します

 

Kick in 2000 V5.23をリリースします(バグFIX)

※Windows 7/Vistaにおいて画面の文字サイズを規定値以外のサイズ(115%等)に設定した場合にアイコン表示がおかしくなる不具合を修正しました。(その他の環境でも一部アイコン表示がおかしくなる不具合もしゅうせいしてあります)

 

Kick in 2000は・・・

まったく邪魔にならず、それでいて機能充実のランチャーです。

ランチャー モード-----------------------------------------------------------------------

この他、タスク管理モードというモードがあります。 実行中のプログラムのWindowを最前面に持ってきたり隠したりというような操作が簡単に行えます。

普段はなにも表示されず、壁紙等をクリックすると即座に表示されます

表示色を自由に変更することができます。


 

詳しい特徴についてはこちらご覧ください。